HOMEお掃除ビフォアー&アフターエアコン >日立製 お掃除機能付きエアコン(2013年製) 安城市

日立製 お掃除機能付きエアコン(2013年製) 安城市

日立製のお掃除機能付きエアコンはこの2013年製モデルから基本設計が大きく変わって、分解・組立が複雑になりました。

電装基盤の一部がおそうじユニットの前面にあるので、これを外す必要があります。

基盤から12〜3個のコネクターを外して、基盤をフリーな状態にします。これだけコネクターを外すと、「元に戻せるのか?」と思われるかもしれませんが、全てのコネクターは色と形が異なっているので、コネクターの差し間違いはありません。あるとすれば、差し忘れです。
この後は基盤自体を外します。

基盤を外した後、おそうじユニットを取った状態です。
ここまでくれば、あとは右側の電装関係を養生して、クリーニングするだけです。
作業開始からここまで、約20〜30分かかります。組立時はもう少し余計にかかるので、スタンダードエアコンと比べて合計50〜60分、余計に時間がかかるということになります。

外したネジです。23本あります。
2012年以前の日立製エアコンの2倍くらいだと思います。

日立製エアコンは吹き出し口にステンレスを使っていて汚れにくい、というのが売り文句なのですが、うーんそうかなぁ?といつも思います。

ファンの羽根やその下のステンレス部分のカビ汚れがスッキリ落ちました。ステンレスのキレイな光沢も復活です。

関連のお掃除ビフォアー&アフターを見る