HOMEブログ店長ブログ >バタバタ

バタバタ

2017/06/04
今日は4件のお宅で計6台のエアコンクリーニングでした。場所も岡崎→刈谷→刈谷→岡崎とそこそこの移動距離で、余裕が無かったです。
そのせいでブログに載せる写真が撮れませんでした…。

そこで今日はお掃除機能付きエアコンの豆知識を。
エアコンのお掃除機能はフィルターの上に付着したホコリをかき集めて掃除してくれる機能です。かき集めたホコリの処理方法は大きく分けて2種類あります。

①屋外排出方式
ホコリを屋外に捨てる方式です。なので、人間がやることは基本的にありません。この方式を採用しているのは、現在ではパナソニックのみです。5年くらい前までは東芝とシャープも採用していましたが、今は②のダストボックス方式を採用しています。

②ダストボックス方式
ホコリをダストボックス(=ゴミ箱)に溜めておく方式です。
なので1〜2年ごとにダストボックスを外して中のホコリを捨ててあげる必要があります。現在ではパナソニック以外のメーカーが採用しています。(パナソニックも最近は低価格モデルでこの方式を採用し始めました。)

お掃除機能付きエアコンのクリーニングに伺って、よくあるのが②のダストボックスの中のホコリを捨ててなくて、イッパイになってることです。ダストボックスの外し方を知らないお客様も多いです。
ちなみに東芝の比較的新しいモデルのダストボックスはこんな感じで外します。

外し方が分からないとか高所にあるので届かないという場合は、当店へお電話下さいネ。(^。^)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

LINE@にお友達登録しよう❗️
500円引きクーポンもらえます‼️
友だち追加

関連のブログを見る