HOMEブログ店長ブログ >ノンワックスのフローリング

ノンワックスのフローリング

2017/04/11
今日は中古の戸建て住宅を購入されたが、フローリングのワックスの汚れが気になるというお客様宅での作業でした。

冷蔵庫置き場だったところだけが白くて、その手前の部分が黒ずんでいるのが分かりますか?前オーナーの方がワックスを塗り重ねた部分だけがワックス自体が汚れてしまっています。
なので、通常の洗浄&ワックス作業では、この黒ずみは完全には取れません。古いワックスを全部除去(=剥離)してから、新たにワックスを塗ることが必要です。
ただし、このフローリングは最近、多くの住宅で採用されているノンワックスのフローリングです。従来のフローリングとは違い、表面に撥水加工や防汚加工されているのでワックス不要と言われているフローリングです。
でも、ワックスをかけてはいけない訳ではなく、ワックスをかけることでフローリング自体を保護するメリットもあります。今回も古いワックスを剥離した後、ワックスをかけ直すことになりました。

古いワックスを溶かす薬剤を塗布したあと、パッドで擦るとワックスが溶けてきます。(この作業は床に這いつくばって行うので、結構辛いです)

溶けたワックスを集めたところです。
汚れを含んでいるのでグレー色です。
古いワックスをしっかり取りきったあと、新しいワックスを塗りますが、今回のノンワックスのフローリングは表面に特殊加工されているので、通常のワックスを塗ると簡単に剥がれてきてしまうことがあります。なので専用のワックスを使います。

リンレイさんの商品でホームセンターにも売ってますが、フローリングにしっかり密着するのでグッドです。(でも乾きは抜群に遅いです。(^_^;))

完成時の写真です。
このワックスは光沢性はあまりないので、ピカピカという感じではないですが、冒頭の写真と比べると黒ずみが取れて、適度な光沢が出てイイ感じだと思います。

今回は約20畳を1日かけて1人で作業しました。腰と膝が痛くなりましたが、お客様に「フローリングの張替えをしなくても良かった」と喜んで頂いて、疲れもチョットだけ癒されました。
ありがとうございました❗️

関連のブログを見る